飯塚産業株式会社|産業廃棄物処理。福島県二本松市・本宮市・大玉村一般廃棄物処理。
 



一般廃棄物は、一般家庭の日常生活に伴って生じた廃棄物(可燃ごみ、不燃ごみ、資源物の粗大ゴミ等)を「家庭系一般廃棄物」と言い 、事業活動に伴って生じた廃棄物のうち産業廃棄物以外の廃棄物を「事業系一般廃棄物」と言います。

家庭系


取り扱い品目
●一般家庭の日常生活に伴って生じた廃棄物
・可燃ごみ(生ごみ含む)
・不燃ごみ(引越しにともなう粗大ゴミ等含む)
・リサイクル家電品
事業系


取り扱い品目
●事業活動において生じた産業廃棄物以外のもの
可燃物(リサイクル出来ないごみ)

・紙くず
・生ごみ
安達地方広域行政組合の指導のもと処理しています。
(福島県 二本松市・本宮市・大玉村)




産業廃棄物は、企業の事業活動にともなって排出される廃棄物のうち、法律で定められた廃棄物のことです。産業廃棄物は、産業廃棄物処理業の許可を持つ処理業者に契約書の締結とマニフェスト伝票を発行して処理する事と法律で義務付けられています。

取り扱い品目
・燃えがら
・汚泥
・廃油
・廃酸
・廃アルカリ
・廃プラスチック類
・紙くず
・木くず
・繊維くず
・動植物性残さ
・金属くず
・ガラスくず・ コンクリートくず及び陶磁器くず (工作物の新築、改築、除去で生じたものを除く。)
・鉱さい
・がれき類
・ばいじん
・石綿含有産業廃棄物


産業廃棄物(法第2条第4項・政令第2条)
【燃えがら】
石炭がら、産業廃棄物の焼却灰、灰かす、焼却炉の残灰、コークス灰、 炉清掃排出物、重油燃焼灰など 。
【汚泥】
製紙スラッジ、活性汚泥(余剰汚泥)、凝集沈殿汚泥、めっき汚泥、 ベントナイト汚泥。
【廃油】
潤滑油、切削油、洗浄油、鉱物油、同植物油、溶剤などの廃油。
【廃酸】
硫酸、塩酸等の無機廃酸、酢酸・クエン酸等の有機廃酸、写真定着液、 エッチング廃液など。
【廃アルカリ】
苛性ソーダ廃液、アンモニア廃液、写真現像廃液など。
【廃プラスチック類】
合成樹脂くず、合成繊維くず、合成ゴムくずなど。〔自動車のタイヤは特殊なものを除き全て廃プラです〕
【紙くず】
建設業に係るもの(工作物の新築、改築又は除去に伴って生じたものに限る。)、パルプ製造業、紙製造業、紙加工品製造業、新聞業、出版業、製本業、印刷 物加工業から生ずる紙くず。
【木くず】
建設業に係るもの(工作物の新築、改築又は除去に伴って生じたものに限る。)、木材又は木製品製造業、パルプ製造業、輸入木材卸売業から生ずる木材片、 おがくずなど。
【繊維くず】
建設業に係るもの(工作物の新築、改築又は除去に伴って生じたものに限る。)、繊維工業(衣類その他の繊維製品製造業を除く。)から生ずる木綿くず、羊毛くず等の天然繊維くず。(合成繊維は廃プラスチック類)
【動物性残さ】
食料品製造業、医薬品製造業、香料製造業から生ずる動物性又は植物性の固形状の不要物。
【金属くず】
鉄鋼、非鉄金属の研磨くず、切削くずなど。
【ガラスくずコンクリートくず及び陶磁器くず】
ガラスくず、耐火レンガくず、陶磁器くずなど。
【鉱さい】
高炉、転炉、電気炉などの残さ、キューポラのノロ、ボタ、不良鉱石、不良石炭、粉炭かず、鋳物砂など。
【がれき類】
工作物の新築・改築又は除去に伴って生ずるコンクリートの破片、その他これらに類する不要物。
【ばいじん】
大気汚染防止法に規定するばい煙発生施設及び汚泥、廃油、廃酸等の焼却施設において発生するばいじんであって集じん施設によって集められたもの。
【石綿含有産業廃棄物】
スレート(波板、ボード)、パーライト板、けい酸カルシウム板、スラグせっこう板、住宅屋根用化粧スレート、ビニル床タイル、煙突用ライニング材、屋根折版用断熱材など。




飯塚産業株式会社では、コンプライアンスに基づいて循環資源を有効にリサイクルすることで、地球環境の保全に努めております。


取り扱い品目
・ダンボール
・雑誌
・新聞紙
・缶
・鉄くず
・非鉄(アルミ・銅・ステンレス)




お引っ越しが決まったら、まずは運ぶ物と不要な物とを分けて整理。
でも整理するのにも時間がかかるし、意外と重いものもあるし不用品を片付けないと整理スペースもない。じゃあ、先に不用品を処分して、整理して...。ご自分ですべてされると、作業にかかる時間や手間も増え、一番煩わしい運搬・処分もする必要が出て来ますが、でもごみ回収のプロに任せれば安心です!経験豊富なスタッフがお引っ越しの際の不用品を迅速・丁寧に回収処分をいたします。
もちろん、お引っ越し後の不用品も回収処分いたしますので、お気軽にお問い合わせ下さい。



こんな時・こんな場合に お任せ下さい!

一人暮らしの方からご家族でお引っ越しの方。
急なお引っ越しによりすぐ回収して欲しい方。
事務所の移転にともなうお引っ越し。
車庫や倉庫から発生する大量の不用品。
少量でも回収にお伺いします。
 




一般家庭から排出される家電製品は年間約60万tにも及び、これまではそのほとんどが埋め立てられてきました。しかし、埋め立て地には限界があり、いつまでも埋め立て続けるわけにはいきません。また、埋め立てられる廃家電には再び利用することができる有用な資源がたくさん含まれているのです。 そこで、有用な資源の再利用を促進し、廃棄物を減らすために、家電リサイクル法が誕生しました。


取り扱い品目
・エアコン
・テレビ(ブラウン管、液晶・プラズマ)
・冷蔵庫、冷凍庫
・洗濯機、衣類乾燥機


→詳しくは、環境省家電リサイクルへ





解体工事をはじめとする建設工事の分別解体等及び再資源化等を義務付けすることにより、建設廃棄物のリサイクルを推進することを目的としています。

取り扱い品目
特定建設資材(コンクリート(プレキャスト板等を含む。)、アスファルト・コンクリート、木材)を用いた建築物等に係る解体工事又はその施工に特定建設資材を使用する新築工事等であって一定規模以上の建設工事(対象建設工事)について、その受注者等に対し、分別解体等及び再資源化等を行うことを義務付けています。

→詳しくは、環境省建設リサイクルへ





食品の売れ残りや食べ残しにより、又は食品の製造過程において大量に発生している食品廃棄物等について、その発生の抑制や減量化により最終的に処分される量を減少させるとともに、肥料や飼料等の原材料として再生利用するため、食品関連事業者による食品循環資源の再生利用を促進することを趣旨としています。


取り扱い品目
・食品循環資源
食品廃棄物であって、飼料・肥料等の原材料となるなど有用なもの
・野菜くず、魚あら 等

→詳しくは、環境省食品リサイクルへ





処分に困っているもの・自分で分別の判断がつかないもの...など、お困り事がありましたらなんでもご相談下さい。
経験豊富なスタッフが迅速に対応致します。




Copyright(C) 2011- iitsuka8 All Rights Reserved.